wakus

マネジメントで信頼関係を作るには

信頼関係を作るには

マネジメントにおいては部下との信頼関係を作ることがまず先決問題となります。その際に気をつけたいことは問題点ばかりを指摘することなく、それ相当のことをやったときには認めてあげたり褒めてあげることも大切です。
そのことで部下は自信を持つことに繋がるもので、これは本人がやる気を出すには必要なこととなります。

孤立させないために

9979b8ee41fd28cd740f73b486c03aaf_sそして孤立的になるようなことがあってはならず、常に聞き入れてあげる態度も必要なことです。
立場は違うものの上司としてその意見にまず共感し、それから意見を言うようにすると心を閉ざすことなくついて来てくれるものです。

部下との信頼関係を作るには自分が信ずることを相手に伝えることも大切なことです。それには部下の力量に応じてそれに相応しい仕事を与えることが上司が自分にとって必要なのだという信頼に応えるメッセージにもなります。
ここで心配な状態で指示を与えると逆に自分を信頼してくれてないと感じて逆効果になることもあります。

権限移譲型は熟練した部下には向いているものですが、経験の浅い部下の場合には任せたつもりであってもトラブルに結び付くこともあり得ますので注意が必要です。

余りしゃべらない部下へは答えやすい質問を重ねる

0446b667b4db77c2264d35a74e3e3406_s余りしゃべらないタイプの部下の場合にはこれが性格だから変えようがないと考えずに、まずその状態は認めた上で本人の行動を変えるように話しを持って行くことが大切です。

それには答えやすい質問を重ねて行うことで本人の思考する方向を掴むことができるもので対処もしやすいものです。そして質問は選択肢の中から選ばせるという方法が効率が良くて最適となります。
それが分かったらそれに関連する資料を渡してあげたり、あるいは関係する人脈を紹介したり、さらに本人の仕事のサポートを行うことも効果的となります。

信頼関係を作るには細かくサポートする体制を心がけ実行することが重要です。信頼感や任されているという本人の自覚が芽生えたらやる気に繋がり、創造にもつながると言われています。

最後に

a92354b0f5901ba7c96ff910ed7ba145_s常にポイントになるのは誠実な態度で接し誤解を招かないようにすることが重要でかつ公平性が保たれることが不可欠となります。偏った考え方は例え上司であっても受け入れられないものです。その点上司にも何らかの手段でこれを克服する必要があります。そして相手への気遣いを忘れないようにして常に語り掛け、部下の価値判断を把握しておくことが大切です。具体的な約束を交わすようにして実行し、それを守るように持って行くことがポイントとなります。


LEAVE A REPLY

*

Return Top