wakus

デジタル時代にこそ活用したい手帳術

手帳は、ビジネススキルに活かすことができます

携帯電話やスマートフォンのメモ機能が一般的となっている今、あえて、紙の手帳を活用するという人も増えています。紙の手帳ならば、起動の時間なども関係ありません。また、充電などの必要もありません。そのため、思いついた時に、いつでも、見返すことができるのです。その点が、紙の手帳の強みだといえるのです。

to doリスト

e1be580548bcdc01e3c9822c0b1c9174_sビジネスにおいては、するべきことをきちんと把握していることが必要になります。そして、紙の手帳に、to doリストを作成しておくと、いろいろと活用できます。そして、するべきことを忘れてしまうということも防止することができます。どんなに記憶力に自信があっても、するべき仕事をきちんと頭に入れておくことは難しいのです。そして、to doリストがあれば、それらを忘れずにおこなうことができるのです。

カレンダー

b00f0a3e89b04e5d6d175e9c3bc92ba5_s
さて、仕事をおこなう上では、物事の計画というものも大切な要素となります。紙の手帳というものは、たいてい、カレンダーがついているものです。これも、活用する価値があるでしょう。
たとえば、営業職の場合、いろいろと訪問する予定があると思われます。そういったものも、カレンダーに書き込めば、仕事の段取りもうまくいくのです。そして、時間を有効に使うことにもつながるのです。
また、プライベートの時間をうまく使うことも、仕事の能率を上げることにつながってきます。プライベートの予定についても、カレンダーに記入するといいでしょう。プライベートを充実させることも、仕事の成否に関わってくるといえるのです。

メモ欄

e15190f7d68796c7a365c55a0c5a7ddd_sまた、手帳のメモ欄は、一日の仕事を振り返るために活用するといいでしょう。家計簿をつけることで、お金の使い方を見直し、結果として、お金を貯めることができたという人もいます。これと同じで、仕事について振り返り、手帳にメモすることにより、仕事のスキルを向上させることもできるのです。
営業職など、いわゆるお客様相手の仕事の場合、お客様の趣味や好みなどを把握しておくことは重要になります。そして、普段の何気ない会話の中から、そういったことを知ることができます。このようなものも、忘れないうちに、手帳にメモしておくといいでしょう。

最後に

e58216e6aa710e52331de65bcdd365bc_sあえて、紙に文字を書くという行為は、漢字を忘れないことにつながります。デジタルな手段での文字入力は、漢字を忘れることにつながりがちです。そして、仕事などで、いざ、実際に文字を書こうと思ったら、漢字がわからないということも多いのです。こういったことを予防するためにも、紙の手帳に文字を記入するという習慣は大切なこととなります。正しく文字を書くことができるということは、ビジネスにおいては、とても重要なこととなります。しかし、デジタルな手段に頼っていると、そのスキルはだんだんと低下してしまうのです。紙の手帳を活用して、積極的に文字を書く機会を増やすといいでしょう。そうすれば、漢字を忘れることも少なくなります。また、ビジネスのスキルも保つことができるのです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top