wakus

仕事を効率よく進める方法とは?心得ておきたい人材に対しての極意

心得ておきたい人材に対しての極意

7342ce90d699376c398229cadfe47ba5_sまず始めに、私は某大手企業で約10年間リーダー職に従事していました。
その時の経験を踏まえて、仕事の効率化について考えていきたいと思います。

平均点を上げるには?

bf06613f1ac964b22cfa1835bf406a4d_s大手企業の場合、人数が大変多くなってきます。
特に一度に何人も管理をしながら、というのはなかなか難しいものですが一人一人に目を配る必要があります

そして、よくありがちなパターンというのが人の能力不足を指摘して、その人に仕事を与えない、要は干すという状態にするリーダーさんをよく見かけます。
確かに足を引っ張られるという感覚なのでしょうが、それではリーダーさんはそれで良くても他の方がその分負担を強いられてしまいます。
もちろん能力不足の人に責任が全くないわけではありませんが、リーダーさんは管理面で能力不足であると言わざるを得ません。

では、どのようにすれば良いか?答えは簡単です。

例えばテストの平均点を上げようとする時、何を勉強しますか?得意な科目をもっと伸ばすのではなく、苦手な科目を伸ばした方が伸びしろはありませんか?

そういうことです。

出来る人をこれ以上育てても、機械やコンピューターではないので限界があります。
むしろ能力の低い方を底上げした方がチームは遥かに伸びるのです。

それが仕事の効率化に繋がります。

フットワークは軽く!

006悪口の様になってしまいますが、よくこんな方を見かけます。
管理職か何かに就いて自分はもう管理だけをすれば良い、と頑なにその場から動こうとしない人です。
更に酷くなると、人に指示する時も電話一本で済ませたり伝達のためだけに呼びつけたりする人もいました。

しかしその行為は作業を止めることになってしまい、その方には見えていませんがその間は手を止めてしまっているのです。

出世したからこそフットワークを使って、自分の目で確認する姿勢が大事です。

各自の特性・個性を理解しておく

040仕事の効率を求めるにも、それぞれの特徴を抑えておく必要があります。

というのも、誰がやっても良い仕事に対して敢えてそれが苦手な人に依頼してしまうと、当然その人は断り難いので始めてしまうでしょう。それは確実に不合理と言えます。

なので、全員の能力や特性・個性をある程度把握することが大事です。

そしてプロジェクトに対して、必要な人材を適正な数だけ適正な配置で送り込むことが効率の面でも非常に合理的であると言えます。

時に見返りは大事

c9b56dc8713f146b7e7c7719e132ed22_sいつも部下に一方的に指示して終わりではいけないと思います。

というのも、いつも厳しいことや無理をさせるばかりでは、部下もついて来なくなる恐れがあります。
なので、少し仕事に余裕がある時には自分がフォローするなど、労うことも欠かせてはなりません。

普段からそういう行動を取っていると、部下や仲間も「この人のために頑張ろう!」といった個人に対する気持ちが加わって、より一層貢献してくれるようになると言えます。

まと

6c918fcd5419e808e482d1258cbe95c8_s働いているのは人材、つまり人です。
好き嫌いもあれば得手不得手もあります。

そして仕事のスキルより何より難しいのも人の行動です。
想定内のこともあれば、想定外のことをする場面も多くあります。

そんな時にどう対処するのを語る上で欠かせないのではないでしょうか。


LEAVE A REPLY

*

Return Top