wakus

仕事の効率化は頭を使って図ろう

立場によって効率化の方法は違う

44ab9e0d1157f0f7b71e2037728d16b3_s

企業に入社すると、立場・役職があります。
新入社員は一般社員・平社員と呼ばれる立場からスタートします。
平社員の時期は、上司である主任や課長の言う事を聞いて動く事でキャリアを積んでいきます。

自分が平社員の場合はある程度ツールを活用して仕事を早めに仕上げる事が重要です。
例えば、タブレットやパソコンなんかを使用してある程度仕事のデータをまとめて効率的に仕事をこなせるように自分で仕組みを作ってしまいましょう。
それさえ出来れば後は作業をしていくのみです。

当然仕事が振られるという事は、期待されているという事と同時に業務遂行能力を見られているという事になります。
そのため振られた仕事が単純作業であってもいかに工夫を重ねて仕上げるかが大切になってきます。

プロセス 

13eb2fa68f4541b7374886fa79636d59_s

仕事は早く行う事も大切ですが、どうやって結論にたどり着いたかというプロセスも大事です。
勿論失敗した時は言い訳をしてはいけません。自分の非を認め謝るべきです。それしかないのです。

立場と効率化の仕方

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s先ほど立場が違えば効率化の仕方も違うと書きましたが、今度はある程度役職が付いた人ならどうでしょうか?
自分の立ち位置によっては仕事が降り注ぐ場所であったり、なんでもさせられる立場であるという事になります。

係長以上の役職が付いているのなら、自分に振られた仕事を覚悟を決めて後輩に仕事を振り、自分の負担を軽くしてみるという方法があります。これについては仕事を抱え込むタイプの人間については仕事を人に任せるなんて不安だ失敗されたらどうしようなどと思うかもしれません。

しかし思い切って振る事で業務の効率化を図る事になります。役職が付くような立場にいる人は、大体自分が行うべき仕事なのか?そうでないものなのか?の区別がつく位の仕事、キャリアを持っていると思います。

まず自分が今持たされている仕事が重いと感じたら、どの仕事は自分で行わなければならないか?この仕事は自分でなくても出来る等割り振りが必要です。そして仕事を振りどんどん自分の仕事の幅を広げて行きましょう。

また、自分の仕事の幅を広げるためにビジネス書などを参考にすることもたまには必要です。ある程度色んなところにアンテナを張り、ビジネス情報を手に入れるようにしましょう。

ビジネス情報を手に入れよう

c89ad105f437f5b21d913fff37247684_m

最近はスマホなどで簡単に情報が手に入るようになります。そして自分が気になる情報をアナログの方法でも構わないのでメモしておくといったようなことが必要かもしれませんね。

役職が付いたと言ってもビジネスマンとして成長して行かないとならない訳ですから、細かい仕事を人に振り、自分のスケジュールに余裕を付けその空いた時間的余裕な場所でビジネススキルや社内間の調整を行うなどの根回しを行うようにしましょう。

そうすることで周りからの評価が上がり、ますます需要が増えてくると思います。

自分の立場を上手く引き上げるために、後輩を上手く使う事も必要だという事もビジネスを上手くやるための一つの方法かもしれませんね。

そういった部分もビジネスマンのスキルとして評価されますよ!


LEAVE A REPLY

*

Return Top