wakus

ビジネスマンとして活躍するなら必ず知っておきたいこと

マナーの改善及び自分自身の業務効率化で差をつける

私は会社員営業をしており営業での経験年数は今やっと12年を超えた者です。
年齢は30代の半ばとなる私は、新入社員その他若手が入社した際などに、ビジネスマナーの一環として基礎的な対応面について教えることがあります。

それは、名刺交換などの挨拶、つまりは本当に基礎の基礎ですね。

名刺交換

スーツと名刺交換

営業を志し入社した社員にはしっかりと教えますが、その他工事部の人間にもアドバイスはします。

業務上、同伴して得意先に伺うこともあるからです。

指摘する点ですが、正面で向き合うときに名刺を上から出す

IMG_2054 (2) これが非常に多いですね。

20代前半であればまだ可愛げもありエネルギッシュさで許容されることはあるでしょう。
その後に正せばいいわけですからね。

 ですが、中途採用で入社した30代目前の方は致命傷となることもありますのでくれぐれも気をつけておいてくださいね。

商談、複数の名刺の置き方

室内で着席し、そのまま商談に入る際の礼儀についても基本はしっかりと守り、節度ある対応を心がけましょう。

来客の間に通された場合、そのときは恐らく後から先方のかたがやって来られるパターンが多いです。

そのとき、室内で名刺交換があった場合でかつ、複数のかたと名刺交換をした場合の留意点を述べます。

こちらも非常に多く見聞きする実例ですが、頂いた名刺を重ねて置いてしまうパターンがあります。

c388e67fbed86cf4ec874e7570901e4a_s
これは大きく間違っていますので、並べるように置きましょう。

小さく纏めたほうが良いというのは違っており、1人の名目をつぶしてしまう意味合いがあるのです。

面談室に向かう時の挨拶

そして、こちらからお客様の待つ面談室に向かう場合、歩きながら礼、挨拶をする社員を何度も見てきましたが、これもNGです。気さくに元気よくといった概念はこういったビジネスの場においては厳禁とされています。
少し立ち止まって会釈、挨拶をするようにしましょう。

ce9ff5a982943b6d62239ff01ff9a0ba_s
マナーの基本は意外と見落としがちな点があるかと思いますのでゆっくり、しっかりと改善していきましょう。

効率化について

0c4aea06ee62e6b53626c1e09b736166_m
仕事に慣れてきたときに新入社員がよく耳にする言葉があるかと思いますが、それは効率化という点です。

企業は事あるごとに業務の効率化と、日々の会議でくどいほどに発しています。

私の主観ではありますが、ビジネスは効率化ではなく結果が全てだと考えています。
この効率化という言葉に聞き覚えはなかったでしょうか。

意味を履き違えてはなりませんが、第一に自分の中での効率化を図り、やりやすいように仕事のプロセスを己に染み込ませます。

まずは自分自身が正しい道に沿って能率よく動くことが出来なければいけません。
順序を正すと、自分、そして全体像が見えてくるときに会社に柔軟に対応するのです。
すると、自然と結果に繋がる答えが見えてくるでしょう。

手帳について

b4779a33543ca993589e3ffcf4c74297_s
業務に就く当初は、手帳選びなどに慎重になっていただきたいと私は思っております。

評判が良いものとしては、月間スケジュールを両開き頁で確認・記載出来るもので、続く頁には片方にタイムスケジュール、もう片方にはメモ欄といったタイプのものが私の推奨品です。

セパレートタイプダイアリーとも呼ばれますが、まずは該当月の全体把握、続いて日々の行動の時間刻みのスケジューリング、そして内容詳細を記し、再度戻り月間行事を振り返ります。

そうすることで二重の構えで業務に取り組むことが出来て自分にとっての安心材料が生まれます。
そしてそれが自信に繋がることとなるでしょう。
必要な装備は持っていれば持っているほど有効に働くものなのです。

まとめ

6ec13d12b0bf65a74c1ce011dc8a3586_mマナーの基本と自分自身の作業効率化の2点は非常に重要ではあります。
それでも新入社員やまだキャリアを積んでないかたには自信を持っていただきたく思います。

どんなことも慣れてしまえばこんな単純なものだったのかという見方が出来るようになってくるでしょう。

 


LEAVE A REPLY

*

Return Top