wakus

「タスク管理」が成功へのカギになる!

職場でやることが多すぎて、仕事をこなすだけで精一杯になってしまう。
将来的に向けた大きな展望を描けずに、ただ仕事をこなすだけの毎日を送っている。
そんな方は今すぐ「タスク管理」を覚えるようにしましょう。

「タスク管理」を知れば、勤務時間内に余裕を持って仕事をこなせるようになります。
仕事に余裕ができると職場での評価も高くなり、より大切な仕事を任されるようになるでしょう。
活躍の場が広がり、大きな成功を手にすることができるようになるはずです。

タスクを紙に書き出しましょう

目の前にやることが山積みになっていて、会社に行ってすぐに戦意喪失してしまうような人はいませんか。
どこから手を付けていいか分からず、手当たり次第に仕事を始めて、結果的に何も達成できないような混沌とした状況に自分を追い込まないようにしましょう。

自分がすべきことをハッキリさせるために、まずタスクを紙に書き出すことが大切です。
手帳に箇条書きで、今日すべきタスクを書き出していきましょう。
そして上から番号をつけていきます。

この作業によって今日こなす必要のあるタスクを可視化することができます。
箇条書きになったタスクを見てみると、頭の中で考えていたよりも簡単そうに見えるはずです。
客観的にタスクを見ることで冷静な頭で判断することができます。

もちろん紙媒体の手帳でなくスマホのメモ機能を利用する方法もあります。
タスク管理用のアプリもたくさんありますので、使いやすそうなものを選んで利用してみましょう。

タスクに優先順位を付けよう

書き出したタスクを見ると、重要なものと重要でないものがあるはずです。

今日やらなければいけないタスクの中にも、自分では無く、他の人でも出来るものがあるかもしれません。
自分の時間がない場合には時間がある人に代わってもらう事も検討しましょう。

そうしましたら書き出したタスクに優先順位を付けていきます。
優先順位順に番号を割り振って、並べ替えると見やすいです。

そして最優順位の高いタスクから、1日の中で一番集中できる時間や都合の良い時間を割り振ります。
その他の空いている時間に重要度の低いタスクを割り振って、1日のスケジュールを完成させます。

あまり優先順位が高くなく、難易度が低いタスクは、移動中にこなしたり、ランチを食べながらでもこなせるかもしれません。こうして優先順位をつけてスケジューリングされてみると、勤務時間内に十分にこなせるレベルだと気づくことができるかもしれません。そこまで整理ができたら質の高い仕事をして、良い成果を上げられるように集中してがんばるだけです。

タスクを整理するなら「前日の夜」

タスクの整理をする時は、当日の朝よりも、前日の夜がおすすめです。
会社に行ってからタスクの整理を行うと、その日のうちに仕事を仕上げなければいけないという焦りが出てしまいます。ストレスを感じながらタスクを整理し、優先順位をつけていると、冷静な判断ができないかもしれません。タスクをスケジューリングする時間がかかりすぎて、タスクをこなす時間が圧迫されてしまうかもしれません。

タスクを整理してスケジューリングするのは、前日の夜がおすすめです。
夜の寝る前は、気持ちがとてもリラックスしています。ストレスがない状態で、冴えた頭でタスクの整理ができます。翌日にすることが分かった状態で就寝すると、眠っている間に無意識で問題を解決していることがあります。起きたらいくつかのタスクを達成していたということもあります。意外に思えるかもしれませんが、タスクの達成のために必要な要素に、タスクを整理する「タイミング」があるのです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top