wakus

仕事ができる人の最強の武器!ポジティブに生きる秘訣!

今回の記事では「ポジティブシンキング」というテーマでご紹介します。

不運が続いている人から見ると、ポジティブな人ってどこかウザいですよね。

「大丈夫だって!」
「何とかなるよ!」
「そんな暗い顔しても仕方ないよ!」

と言われても、お前に何がわかるんだよ!と余計にイライラしてしまいます。

私自身もそんなポジティブ馬鹿に遭遇すると「ああいう風にはなりたくないな…」と逆に余計ネガティブになってしまっていました。

しかし、仕事ができる人や、世の中で成功している人はやっぱり明るいですし、あなた自信が好きな人も恐らくイキイキとしている人のはずです。

今回の記事では、人生を楽しくするための秘訣として、「真のポジティブとは?」ということについてご紹介します。

人間は元々全員ネガティブ

世の中では「ネガティブはダメだ!」と言われていますが、人間は元々全員ネガティブです。
これは本能レベルでネガティブだということです。

未来を予想するとき、必ず失敗することを予想するように脳みそが作られています。
何故か?というと、そうしなければ生存競争に生き残れなかったからです。

例えば、綺麗な丘のうえで「空を飛んでみたいな!」という欲求が湧いたとき、そのままダイブしてしまうと死んでしまいます。

そういう危険を犯さないように、人間の脳は行動する前に「ホントに大丈夫?」という危険察知をする機能が付いています。

そうでなければ、人間はここまで繁栄していません!

昆虫みたいに「あ!エサがある!」と飛びついて、天敵の罠に引っ掛かって捕食される生物はどんどん絶滅していきます。人間が昆虫と同じなら6,000万年も生き残っていません。

「このキノコ、ホントに食べて大丈夫なの…?」とネガティブに疑えるから毒キノコを避けれたのです。笑

つまり、ネガティブは道具。あなたを守る盾です。

偽物のポジティブとは?本物のポジティブとは?

Man holding cardboard paper with happy smiley face printed on. Happiness and joy concept.心理学では「偽物のポジティブ」というのがあります。

何それ?って感じですが、偽物のポジティブの人の特徴として挙げられるのが

・ポジティブなことしか目を向けない

という特徴があります。

特に宗教やスピリチュアルにハマっている人に多いですが、「全部上手くいくんだ」「良いことしか起こらないんだ」「感謝していれば救われるんだ」と祈り続けている人です。

これらは「ネガティブから目を背けたいだけの偽物のポジティブ」です。
偽物のポジティブな人はある種の現実逃避をしていて、何も問題が解決しません。

では、一方で、「本物のポジティブとは何か?」ですが、心理学でいう本物のポジティブとは、ネガティブなことも、ポジティブなことも、両方考えられる人です。

例えば、仕事で難しい案件を任されたとします。

ネガティブな面として
→「失敗したらどうしよう…」
→「自分にはできないかもしれない…」
→「会社に迷惑を掛けるかも…」

ポジティブな面として
→「成功したら評価が上がる!」
→「新しい能力が付く!」
→「これを乗り切れば自信に繋がる!」

と色々なネガティブ、ポジティブが出てきます。

ネガティブな人は
「どうしよう…どうしよう…」と何もしません。

偽物のポジティブな人は
「大丈夫、大丈夫」と何もしません。

本物のポジティブな人は
「失敗しないようにするにはどうすればいいだろう?」と考えて行動します。

つまり、ネガティブな面を直視できて、その対策を立てて乗り切ろうとする人が「本物のポジティブ」の特徴です!

どうでしょう。あなたの尊敬する人、憧れの人は、自分で問題を解決して自信に溢れている人では無いでしょうか?

その人はネガティブな面も受け入れて努力し、ポジティブな結果を摑み取っているはずです。

物事に「良い」も「悪い」もない

最後にお伝えしたいのが、仕事だけでなく、人生全てに応用できるマインドセットです。

心理学の研究者達が「人生はどうやって決まるのか?」ということを研究した結果、導き出した答えがあります。それは…

「人生には決まった意味はない。起こった出来事をどう解釈するかで「良い」「悪い」が決まる」ということです。

例えば、AさんとBさんが同じ場所で、夕陽が海の地平線に沈む景色を見たとします。

Aさん「うわー…綺麗な景色だな〜…。」
Bさん「あ〜…何か悲しい景色だな…。」

これは、目の前の景色がどうこうの話ではありません。
「目の前の景色に自分が意味を付けている」ということです。

私たちは教育課程の中で「これは悪いこと」「これは良いこと」という風に「答えがある教育」を長年受けてきたので、この罠に陥りがちですが、良い事なのか、悪い事なのかは自分で決めることができます!

仕事で失敗しても
「あ〜ショック…」と思う人と
「改善策が見つかった!」と思う人に分かれます。

こういう風な、単純な考え方が人生の質を改善していき、結果的にポジティブな結果に導くことになります!

まとめ

Man celebrating success on top of a mountain with one arm Raised and Hands Closedこの記事をまとめると

①人間は元々ネガティブ!ネガティブは自分を守ってくれる盾!
②「本物のポジティブ」とはネガティブを予測してポジティブな結果を手に入れる人!
③本来人生に「良い」も「悪い」もない!

ということです。

じゃあ仕事でどうやって成長していけば良いのか?というと

Step①自分のネガティブな未来への予測、考えに気づく
Step②ネガティブな未来に対してどんな対策ができるか考え、実行する
Step③実行した結果から、更に改善できるポイントを見つける

この3ステップを繰返していれば、絶対に成長しますし、出世します。
ほとんどの人はStep①で止まってしまうので、ネガティブで終わります。

ネガティブな面からポジティブな面に繋げる「本当のポジティブ」を目指してください!


LEAVE A REPLY

*

Return Top