wakus

マネジメント能力を培うには

よくテレビなどを見ているとマネジメントという言葉を聞くことがあると思いますが、マネジメントとは一般的には管理と訳されており、その管理方法には分析や選択改善、計画などのいろんな要素を含んでいます。

仕事を行う、経営する上でマネジメントは必要な能力と言えます。

マネジメント能力は才能がいると思うこともあるかもしれませんが、努力することで身に付けることもできます。
今回はその方法について簡単に紹介していきたいと思います。

自分を良く知り、感情をコントロールする

Heart shape in human head. Concept of love.マネジメント能力を培う1つの方法は自分をよく知ることです。
自分の性格や自分の行動パターンを分析して、自分がどういう人なのかを客観的に見ることが大事です。

例えば自分は何かがあると感情的になる性格か、それとも理性的に考えて、抑えることができるのかという点を考えてみます。
そう考えて自分は感情的に動いてしまうと思うならば、それは自分の感情をコントロールできていないことになるので、自分の感情をコントロールできるように努力する必要があります。

マネジメントは計画的に行なったり、どんな選択をするかを正しく決定しなければならないので、自分の感情をコントロールすることが重要と言えます。何か仕事上で問題が行なっても感情をコントロールできれば、問題を最小限に抑えることができ、また、次にどうするかという切り替えも上手くいきます。

そのため、今感情をしっかり抑えて冷静さを失わないようにコントロールする努力をすると良いと思います。

状況判断の能力を高める

マネジメント能力を高めるためには優先事項が何かをしっかり把握しておく必要があります。
その能力を高めるためには状況判断をしっかり確認することが必要になってくるので、状況判断を正しくできるように培う必要があります。

しかし、状況判断の能力を培うのは難しいと思われるかもしれません。
確かに難しいですが、できないことではありません。
その能力を高めるには、まず知識を得ることです。

正しい知識を持つことで、それが状況判断を行う上で助けになります。
そして、周りの人の判断をよく確認することも必要です。

例えば上司の方や同僚などがある状況かで判断することを目にすることがあると思います。
そんなときに失敗例と成功例を見ることもたくさんあると思いますが、そのときになぜ失敗したのか、または成功したのかをよく自分なりに考えて分析すると、自分が似た状況になった場合に良い判断をすることができます。

そのように行なっていくことで状況判断の能力を高め、優先事項も正確に行うことができるようになります。

スケジュール管理能力を高める

マネジメントにはスケジュールをしっかり管理することが求められます。
そのため、管理をしっかり行うことができるように努力する必要があります。

まず、自分で行えることは自分で立てた計画をしっかり遂行できるようにしていくことです。
一週間でも1日でも自分が立てた計画が行えるようであれば、スケジュールの管理能力を高めていくことができます。

何かの原因で遂行できなかった時はなぜできなかったのかを考えて、また改善していくこともできます。
改善する要点として、自分の立てた計画が他の人の問題で遂行できなかったときにどうするかがポイントです。

例えば友達と遊ぶ約束をしていたが、友達の都合で無くなってしまったならば、どうするかというところです。
会社のマネジメントは多くの人を管理するため、自分の責任以外の問題が発生することもあります。
そのようなときにどう自分の計画を立て直すかの応用力が必要です。

日常の計画で先ほどの例のような問題が起きたときに対策を講じることができるようになっていれば、会社のマネジメントの時にも役立つはずです。

マネジメント能力を培うのは自分次第

マネジメント能力はいろんな要素が含まれていますが、自分でしっかり要点を抑えるならば、努力次第で身につけることができると言えます。
マネジメント能力は将来的に経営をしたいと思う人には必ず必要になってくるので、今自分があまりマネジメントに自信がない人は今努力することができます。

すぐには効果が現れなくても、地道に努力することで少しづつ身についてくると思うので、諦めずにまずは消化した3点を努力してほしいと思います。


LEAVE A REPLY

*

Return Top