wakus

優れたマーケティング担当者になるための工夫とは?

企業のマーケティング担当者には、それまでの常識にとらわれない斬新なアイデアや、先見性のある企画が求められます。しかし、こうした力は生まれながらにして持ち合わせているわけではなく、日頃の日常業務や生活上で少しずつ蓄積された工夫や努力が身についてできていきます。

では、そうした優れたマーケティング担当者になるために、普段どのようなことを心がけたらよいのでしょうか。一つずつ具体的に見ていくことにしましょう。

結びつきを考えよう

Girl in white is dreaming about something.優れたマーケティング担当者になるためには、普通の人ではあまり関係のないものだと思われる事象や他社の商品、問題や疑問を「これらを結びつけたらどうなるか?」という視点で考えることが重要となります。
世の中の多くの斬新とされるアイデアや企画でも、まったくゼロから作り上げたような、まるで「発明」と呼べそうなものはごくわずかです。

既存のアイデアの組み合わせが新たなアイデアを生み出しているケースが多く、「結びつき」を考えるこの発想は、非常に重要なのです。
つまり、創造する力というのは想像する力とも言い換えることができ、既に存在する情報やアイデアをくっつけて新しいものを生みだす力とも言えます。

心にひっかかるものを目にしたり、耳にしたりしたとき、メモを取っておくことも大切ですが、すぐに引き出せるように、心に付箋をつけておく訓練を日頃から行なうようにしましょう。

そのためには意味や論理といった「左脳」で覚えるのではなく、感動やビジュアルといった心、「右脳」で覚えることがカギとなります。

常に疑問を持ちましょう

rear view of a caucasian business person looking at the question marks on white board.目の前に存在する様々なモノや事象について、当たり前だと思ってしまうと思考もストップしてしまいます。
優れたマーケティング担当者はこうした当たり前や一般論などを嫌い、常に疑問の目で見ています。

そこで、大切となるのが、
「なぜ、それができたのか?」
「どんな原因でそれは生まれたのか?」
「それではなく、別なものでもよかったのではないか?」
「もし、こうだったらどうなっていたのか?」
といった、自分へ質問する力です。

例えば、課題解決を探し出さなくてはいけないような場面で「食品Aの売上を上げるにはどうしたらよいか?」を考えていたとします。
多くの人が「売上」という言葉ばかりに集中してしまう中、優れたマーケティング担当者は「サイズを変えてみたらどうか」「ターゲットをこれまで以上に極端に狭めてみたらどうか」とか「もし女性専用を作るとしたら、どうなるのだろう」などと考えていきます。

つまり、常識に疑問の目で見ることと同時に、考える視点をいくつも変えられるかどうかが重要となります。

人にフォーカスしましょう

Wachstum mit Erfolg oder erfolgreich Strategie im Business Menschen Leute Gruppe Hintergrund多くの人々は「売上を上げるためには?」と言った課題に対し、商品というモノに視点をフォーカスしてしまいます。

しかし、売上を作るのは本当にモノなのでしょうか?
モノが勝手に動き出し、売上という名のお金を運んできてくれるのでしょうか?
売上を作っているのはお客様という人であり、売上を上げるためには人が「買う」という行動を起こさない限り、生まれてはきません。

優れたマーケティング担当者になるためにはこのように、普段から人にフォーカスするといった思考を常に持ち、「もしお客様だったらどのような行動を取るか?」といったことに意識を集中させることが大切になります。

そのためには、実際にお客様の声を聞くといった行動もマーケティング担当者には求められ、それに伴う観察力や質問力も重要となります。
また、お客様といっても、老若男女様々なタイプの人がいるため、古今東西、普遍的で変わらないような心理学知識を身につけていく努力も大切になります。

資質はあまり関係ないのがマーケティングスキルです

いかがでしたでしょうか。斬新なアイデアや企画を生み出すのは、先天的な力をすでに持った一部の人々のみと考えられがちですが、マーケティングスキルを身につけるのはむしろ後天的なものであり、日頃のちょっとした工夫や思考のクセを見直すことで、どんどん身についていきます。

ここで述べたことはあくまで一部でありますが、かといってすべてを同時に力を入れる必要もありません。できることから始めてみてはいかがでしょうか。おすすめします。


LEAVE A REPLY

*

Return Top