wakus

仕事がデキる人がやっているたった1つの簡単なこと

仕事に就いて3年も経つと、営業成績や技術習熟度など、徐々に周囲の同僚との差が顕在化してきます。

同期と比べて成績が悪い、先輩の3年目と比べて取得した資格が少ないなど、自分は他者よりも劣っているのではないかと感じたときの敗北感や焦燥感はとても辛いものです。

同じように教育やトレーニングを受講し、日々の業務においては勤務時間も内容も、さほど差が無い様に見えるのに、自分だけ結果が伴わないとしたら、その原因を探らずはいられません。
センスや才能など先天的な何かが違うのか、あるいは帰宅後のサービス残業で差をつけられているのか・・・。

実は仕事がデキると言われる人のほとんどがやっている、とても簡単なことがひとつあるのです。

デキる人はそれをやっているという自覚すら無いかもしれないほど簡単なことですが、これを実行するかしないかが業績に与える影響はとても大きいのです。

「やった方が良いかもしれないこと」をやり切る力

Business man climbs a mountain concept for challenge, conquering adversity and leadershipある程度仕事に慣れてくると、その内容を次の3つに大別できるようになります。

A) 必ずやらなければならないこと
B) すぐにはやらなくても良いこと
C) やった方が良いかもしれないこと

A)は選択の余地もなくやるべきことで、業務の大半がこれに該当します。
先送りしたところでやることに変わりは無いのですから、すぐにやってしまえば良いでしょう。

B)は明確な締め切り(期限)の無い仕事です。
手の空いた時、または気の向いた時にやれば良いレベルですから、最悪、やらなかったとしても大きな影響は無いとも言えます。

このふたつは、仕事のデキる人もそうでない人も、同じようにこなしているのが普通で、即ち成績差の原因には該当しないものなのです。

つまり、成績の差を作り出す原因はC)だと言うことになります。

例えばあなたが、お客様から電話で書類の郵送を頼まれたとしましょう。
あなたは「すぐにお送ります。」と返答し、実際に電話を切ると同時に書類を手配して投函したとします。
ではその後にお客様へ、「確かに発送いたしました。」と一報を入れるでしょうか?

「すぐに送る」ことは既に伝えてあり、何の齟齬もなくその通り実行した訳ですから、敢えて実行した旨を知らせる必要は無いとも言えます。
しかし、お客様が「すぐっていつだろう?」、「社内の誰かに頼んでお終いだったら、いつ届くのだろう?」とお考えかもしれないことを想定するのであれば、やはり「発送しました。」の一報は確実にお客様の安心に繋がることでしょう。

例えばあなたが長い時間をかけて提案書を仕上げたとします。
提案書に正解は無いとは言え、それまでの経験から、もう少し書き加えた方が良いかもしれない項目が、あなたの頭をよぎります。

それは、「提案内容に関するお問い合わせ先」かもしれないし、「ご発注から納品までのスケジュール」かもしれませんが、何れも先方から具体的に求められている事項ではない、ちょっとしたものです。

書かれていなくとも咎められることも無いし、万一必要だと言われたら、それから後追いで対応しても十分間に合うと思われる事項です。

疲れきったあなたは、頭の隅をよぎった小さな項目に目を瞑るかもしれません。
しかし、もしもあなたが気付いていた小さな事項を、競合他社が漏れなくカバーしていたとしたらどうでしょう?
もしもお客様から追加情報を求められた時に、お客様に生じた”一手間”は、お客様の心象を悪くしてはいないでしょうか?

この様な「無くても良さげだが、やっておいた方が良いかもしれないこと」をやらずに、易きに流されている人と、僅かな時間を惜しまずにコツコツとやり切る人とでは、自ずと結果が異なってくるのです。

ただし、もしも気が付いたことの全てを全力でやっているのに、結果が伴わないという方が居たとしたら、それは、そもそも「やった方が良いこと」にさえ、気が付いていないこととなりますから、これまでの仕事のやり方を根本から見直す必要があると言えます。

理由は何にせよ、せっかく気づいた「やった方が良いかもしれないこと」を、やらずに済ますなんてとてももったいないことなのですし、仕事がデキると言われる人の多くは、「やった方が良いかも」と思った途端に躊躇することなくやっているものです。

100点を目指さない仕事術の罠

tic tac toe with two businessman巷には『100点を目指さない仕事術』が溢れています。それを生産性が高い、効率的だともてはやしています。

受験生には「100点よりも合格点を」と教え、新入社員には「100点の採り方を考えるより、まず手を動かせ」と教えます。
私自身も、いつも部下には「顧客向けの提案書は70点で作れ。」と指導しています。100点を目指すべきではない理由は同一ではないものの、多くの場合において100点を目指さない仕事術について、私も肯定しています。

ただ、それは手を抜くことではなく、慢心することなく備えよ、との意味合いの方が強いのです。

受験勉強と異なり、仕事にはほぼ間違いなく相手が存在します。仕事の結果が100点に値するか否かは、相手次第なのです。
したがって、自分ひとりでどんなに必死に考え、絞り出したものであっても、事前に100点満点を確信できることはなく、常に相手の反応によってのみ、その仕事の評価が下るのです。
それ故にお客様に対峙する以前に100点を目指すことには遠回りや無駄が伴うため、その時間を確実に70点、80点を採るために費やすべきなのです。

さらに大切なのは、相手がどう反応したら100点が採れるのかを、予め定義できていることです。

前述の「やった方が良いかもしれないこと」を言い換えれば、「それをやることで100点になる可能性が少しでも高められること」とも言えます。

不思議なことに、ベテランになればなるほど、コンペで負けときなどに「やっぱりあの時こうしておけば良かったんだよ。」、「俺はそうじゃないかなと思ってたんだ。」と口にする人がいます。
私に言わせればそんなものは負け惜しみか責任転嫁でしか無く、ビジネスにおいて微塵の価値もないコメントです。そんな人に私はいつも「だったら先に言いなさい。」と一喝します。

私はいつも若いビジネスマンの方々が、このようなつまらないベテランにならないことを切に願っています。


LEAVE A REPLY

*

Return Top