wakus

機械化が進む中でもアイデアは人が行う

機械化が進み、人はアイデアを求められる時代

昨今機械化がどんどん進行し、人の仕事がなくなるという話題が出ていますね。
機械化が進んでも無くならないものは人同士のコミュニケーションとアイデアです。
アイディアに関する書籍は数多く出ています。
今回は私が実践しているアイデアを出す方法をご紹介します。

アイデアとは?

そもそもアイデアってなんだろう?辞書を引くと「思いつき、新奇な工夫、着想」と出てきます。
現在飛行機が空を飛んでいるのも、テレビやインターネットがあるのも全て昔の人の思いつきや新奇な工夫の積み重ねがあるからです。
人間の脳とは面白く、様々な情報を脳に貯め込んでいます。
アイデアとはその何の関係もない情報が組み合わさり出てきます。

脳内に情報を送り込む

まず、脳内の情報を増やすことが大切です。
その際には自分の興味関心があるものだけ集めることをお勧めします。
なぜなら、関心のない事柄は脳が覚えようとしないからです。私だけかもしれませんけど(笑)
興味関心を広げるためにもとにかく様々な情報に触れて下さい。
情報を得るのはインターネットが発達した現在とても安易にできます。
興味関心が分からないという方は、とりあえずニュースアプリを見てみると良いでしょう。
ニュースアプリは様々なジャンルのニュースを配信しています。
全て読むのは不可能ですね。なので、まず題名だけパーっと見ます。
自分の興味があるものだけ開封します。
それを積み重ねていきましょう。そして、更に追及したい内容があれば、ネット検索。
繰り返していくことで、自分の興味のある分野がある程度見えてきます。

興味のある情報を自分のメモとして書き出す

書き出すと言っても、紙である必要はありません。
今はSNSやクラウドがありますので、後に再度その情報が欲しくなった時に検索できるツールを入れておきましょう。
私はSNSを自分の情報ノートとして活用しています。
更にそこに自分の考えを入れて保存します。

こうなったらどんなに楽しいだろう

情報とメモが出来たら、未来を想像しましょう。
今現実になっているものの中には映画や漫画などで想像されたものが多いですね。
自分も想像してみよう。

最先端を探す

現在の最先端を検索しよう。自分が思いつくものは既に誰かも想像して動いています。
そこから更にヒントを得て、自分の考えをプラスしていきます。

最後に

いかがでしたでしょうか。重要なのは情報、興味、メモです。
あとはそれに自分の脳を掛けてあげるだけ。
他にもアイデアの出し方は検索や書籍もありますので参考にしてみて下さい。
機械ではアイデアが出せないという話もあります。現在アイデアは人間にのみ備わっているということですね。
世界中の皆のアイデアが集結したらとても面白い未来が待っていると思います。


LEAVE A REPLY

*

Return Top