wakus

マーケティングをするなら、あらゆる情報を集めて多角的に分析

マーケティングは多角的に分析

企業活動の中で、マーティング活動は、非常に重要な仕事です。

なぜならマーケティングをすることで、どのような製品が市場で受け入れられるかどうかが決まって行きますし、その結果、会社の経営に貢献できるかどうかという岐路に立たされるからです。

マーケテットリサーチを行う前に必要になってくることは、まず、どのような目的で情報やデータを収集するかということです。
例えば、新製品を開発する上で、仕様、性能、機能の要件定義も決めていく際に役立つからです。
収集するデータ、情報の種類もいくつかの観点からリサーチをしていかなければなりません。

市場規模

042まずは市場規模です。
開発する製品が世の中に出てきて、どの程度の販売が見込めるのかを把握する必要があります。
そのために対象となる製品市場、業界全体の販売規模を把握します。

そして、年成長率が伸びているのか、それとも横ばい、下降気味かによっても、製品開発投資の必要性の是非についての検討指標になってきます。
市場規模を把握するための情報収集手段もいくつがありますが、一番、簡単な方法はインターネットからの収集、あるいはマーケティング調査会社に調べてもらう方法です。

有償にはなりますが、調査会社からの提供される情報はより正確で緻密なものとして、大いに参考になります。

製品の性能について調査

033
次に行うことは、製品の性能についての調査です。
性能や仕様を決定は、本当に顧客の要望する内容でなくてはなりません。

そのために顧客からの意見や考えをヒアリングすることが必要になってきます。
しかし、不特定多数からの意見を集めることは、かなり大変なことです。

既婚顧客や日頃、取引している代理店がいるなら、そのルートから要望を聞くというやり方もあるでしょう。
また、関連する展示会やセミナーに参加、主催して、参加車からのアンケート調査ど言う方法もあります。

最近は、インターネットでも意見を集める方法や仕組みを活かすことも可能になっていますので、その方面からの意見収集も良いかもしれません。

価格

051その後は価格です。
製品の仕様がある程度、固まったなら、価格の決定をするための参考データも必要です。

これも既存顧客、代理店、調査会社と言ったルートからの情報収集をすることになります。
無論、仕様ヒアリングと価格と調査を当時に調べることも良いでしょう。これら一連のデータや情報が集まったなら、製品開発のための検討レポートを作成していきます。

市場の規模、業界動向、その中で自社の製品がどこまで伸ばすことができるのか。
そのためには、市場に受け入れられる製品の仕様、価格案などをまとめてレポートを作成していきます。

最終的には、そのレポートを元に関係各所と協議をしながら、製品開発を進めることになるでしょう。

マーケティングの必要性は、新製品開発ためだけではありません。業界の中で自社の業績アップのためには、あらゆる観点からのマーケットリサーチが必要になってきます。

最近は、インターネットのおかけで、かなり精度の高い情報を集めることができるようになってきましたが、重要なポイントは、何故、マーケットリサーチが必要なのかをアクションを起こす前に、キチンと理解しておくことです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top