wakus

マネジメントを円滑に遂行していくには

昨今のビジネスマンは、常に多忙な時代です。
インターネットも発達して、どんな離れた場所に居ても、効率の高い結果を求めらるようになりました。
時間が慌ただしく過ぎていく中で、限られた条件で仕事を進めていくためには、マネジメントスキルが必要になっていきます。
このスキルを身に付けて、円滑な業務を遂行していきましょう。

求められるマネジメントスキル

Clock cogwheel mechanism and businessman jumping over itマネジメントスキルと1言で言いましても、その範囲はヒト、モノ、カネ、情報など様々あります。
業種・業態あるいは職種によっても、必要なマネジメントスキルは変わってきます。
また、部下を持つ中間管理職においては、スキルを最大限に活用しなければ、目標を達成させることが難しいでしょう。
そのような意味で、自分の置かれた立場や環境によって、どのようなマネジメントスキルが必要なのかを明確に理解しておくことが必要です。

共通して言えることは「自分の達成すべき目標を明確にしておくこと」「目標達成のためのビジョンやプランニング、スケジュール感も決めておく」必要があります。
これらの取り組むべき目標が具体的になって初めて、どのような手法で計画を遂行するかを確立していかなければなりません。
具体的なプランニングが確立できたなら、それに基づき、進めていくことになります。

これが基本的な進めていくことにマネジメントスキルの基本になってきます。

マネジメントスキルの中には、情報共有化も重要

Strategy Plan Marketing Data Ideas Innovation Concept目標が定まったなら、自分が関係する部門・スタッフとも細かなプランも含めて「共有化」が必要です。

仕事を進めるにに当たっては、1人で遂行することは不可能です。
自分をサポートしてくれる関係部署・部門・スタッフの理解・支援がないことには、目標を達成することは、不可能と言っても過言ではありません。
したがって、彼らに対しても自分の打ち立てたプランを共有化すると共に、具体的なスケジュールを元に、各スタッフにどのような仕事をいつまでに完了するかも理解が必要です。

それに基づき、自分のプランを進めていくことができるのです。
組織のトップや責任者になると、ビションを明確に示すことが求められるますが、これこそ自分の仕事に対する考え方や進め方を具体的に説明して理解を求めながら、進めていくことが重要なのです。
部下を持つ人であれば、尚更このようなステップは必要不可欠です。

スケジュール化の中でチェック&フォローも必要

Businessman drawing Goals concept above the cityプランの共有化ができれば、後はスケジュールが正しく進んでいるかを確認していくことが求められます。
どのようなプランでも、予定通りの工程で物事が進んでいくかを中間チェックを定期的に行うことが必要です。

もし、計画が目標より遅れているのであれば、何処に原因があるのかを浮き彫りにして、その障害を取り除くことをしなければなりません。
そのためには、工程が遅れることを想定した対応策も考えながら、少しでも予定を取り戻すカバーリングも講じる必要が出てくるでしょう。
プランを遂行しておく中では、予測不可能な自体もよくあることです。
リスクを想定しながら行動していくことも大事ですが、いさ障害が出てきた時にフレキシブルに対応できることも大事です。
しかし、そのためには関係スタッフ・部下も含めて、チェック&フォローが必要です。

マネジメントスキルは、固定化されないこと

Business Challenge - A businessman at the entrance to a maze.限られたリソースを最大限に活かすためには、高いマネジメントスキルが必要です。
目まぐるしく環境が変化する時代、常に世の流れを大局的に観ておくことも重要なことです。
このような環境の中では、求められるマネジメントスキルも大きく変化することも珍しくはありません。
世の中の人々が何を求めているのかを予測したり、感じ取りながら、柔軟に対応していくことを考えていかなければならないでしょう。
そのようなことを念頭に置いて、仕事を完遂させることが求められるのです。
特に若い世代のビジネスマンが増えてくると、意識の多様化もますます広がっていきます。
そうなると、目標やスケジュールの共有化を図るにも、理解を求めることにも努力が必要です。
そのために常にスタッフや部下とのコミュニケーションを取ることも意識しておくことです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top