wakus

ITコンサルタントの仕事と魅力

ITコンサルタントの出現

Spreadsheet in Laptop今の時代は、インターネットが世界中を駆け巡り、世界の何処からでも、情報を発信させたり収集することができます。
大変便利ではありますが、同時に、ほぼ全ての企業は事業を維持・拡大するために、安定した情報インフラの確立・運用が必要不可欠な時代となりました。

インターネットの発達で、顧客との距離や時間が一気に短くなり、各企業の経営者層は、1分1秒でも早い意思決定を行わなけれな、会社の存続も危ぶまれることになりかねません。

目まぐるしい現代で企業が生き残っていくためには、ITが欠かせなく、ITを駆使した設備・システムの開発・運用・保守が必須となるのです。

このような時代背景において、ITコンサルタントという仕事を専門に行う企業、人々が出来てきました。

ITコンサルタントは、ITのスペシャリストであり、クラアントである各企業の経営維持・拡大させるために必要なITの導入・運用を企画し設計を経て、導入支援を行う課題解決型=ソリューションエキスパートと言えるでしょう。

ITコンサルタントが行う仕事

Businessman press on digital screen, digital layer effect, business strategy concept企業には、経営維持を行うために、ありとあらゆる情報・データが存在します。

それらの一見独立しているように思える情報を有機的に紐づけして、情報の一元管理をしながら、必要な情報を経営判断に活かすことが重要となってきます。

SCM(サプライチェーンマネージメント)という製造系の工場での機関システムを維持するシステムがあります。
また、ERP(エンタープライスリソースメネージメント)という全社的な散在している情報資源を集中管理して、経営戦略や事業推進に使うことを目的としています。

これらのシステムは言葉では簡単に表現できますが、実際に導入・運用しようとすると莫大な時間・労力・コストが必要になってきます。 
そして一旦、導入すると決して後戻りができない(失敗が許されない)ことになります。

したがって、その企業に必要なシステムを検討し設計・システムアップして導入・運用のサポートをするのが、ITコンサルタントの仕事となってくるのです。

ITコンサルタントはクライアント企業の現場からトップまで繋がることが重要

Close up of hands of man and woman holding paper people chain. Two businesspeople holding paper man chain depicting solidarity and friendship. Closeup of symbol of unity and strength and togetherness.このような企業の経営維持・拡大をするためには、その企業の現場レベルの人々から経営者層トップまで、人脈を作り、理想的なシステム導入を提言していななければなりません。

しかも、システムのハード・ソフトの設計・納入サポートを行うだけではありません。
システムが円滑に運用できるように、クライアント企業の組織の在り方、改革まで踏み込んだ提言をしていく必要があるのです。

そのためにも、幅広い人脈と信頼を現場からトップまで作り上げていくことが重要なのです。

ITコンサルタントになるためには

ます、IT技術をマスターしておくことは最低限必要なことですが、常に最新技術を理解していく継続的な努力が必要です。
また、経営コンサルティング的な側面も求めまれることから、その分野での知識も必要です。

しかし、これらの知識は一朝一夕で習得できるものではありません。
かなりの現場経験があってこそ、なしえる仕事と言えるでしょう。

したがって、このコンサルタントになるためには、IT系企業で営業やSEの部門で経験を積む必要があると考えます。


LEAVE A REPLY

*

Return Top