wakus

仕事では人間関係をよくすることが一番大事!そのコツについて

仕事をする時に、仕事がしやすいように毎日したいですね。その時、一番大切なこととして挙げられるのが人間関係を築くことです。ですが、単純に人間関係と言われても、どんなことに気をつけたらいいのかわからないこともありますよね。

なので、きっとその内容を知ることにより、ずっと仕事がしやすくなります。

ここでは、そんな仕事がしやすくなる人間関係についてご紹介します。最初は肝心なので、しっかりと身につけて仕事をこなすようにしましょう。

誰にでも挨拶をする

Diversity People Group Team Union Conceptまずとても重要なことは挨拶です。

朝はおはよう、昼はこんにちわ、または会釈をする、夕方になるとお疲れ様などがあります。挨拶というのは、当たり前と思っていても、そう思っているだけで実行出来ていないこともあります。そのため、自分から意識をして行うことが大切ですね。
向こうが言わないので、自分も言わないということは一番いけないことなのです。その時は相手の人が具合が悪いかもしれないし、気分が悪いかもしれません。

しかし相手のペースに合わせて挨拶をするというよりも、挨拶をされて嫌な思いをする人がいないと認識して行うようにするのです。自分だって、向こうが挨拶をしないと嫌な気持ちになりますね。
その時、自分からすることにより、その嫌な気持ちも払拭することができます。

基本の基本なので、簡単なことですが毎日のことなのでつい、手抜きをすることも。手抜きは人間関係を悪くすることを思い、必ず挨拶を行うように心がけましょう。

ウワサ話は参加しない

社内での会話で気を付けたいのがウワサ話です。
ウワサ話にありがちなことは、ちょっとしたことでも大げさに話すこともありどれが本当のことなのかわからないと思うことです。もしそのウワサが誰かに不快感を与えるものだったら、その時、話に加わると仲間として扱われてしまっても仕方ありません。

そして、だいたい噂話をする人は、男性も女性も決まった人が話をしています。もしかしたらその時に、同じ場に居合わせて話をすることになることもありますが、話を盛り上げたり頷いたりすることもやめましょう。

もし一緒に話をしてしまうと、その仲間として見られてしまい信用失くしかねません。ほかの人は、そんな風に噂話をして喜んでいる同僚をしっかりと見ています。自分だって、そのように人にいろいろなことを伝えられたら嫌ですよね。そのことと同じことなのです。

1番いいウワサ話の避け方は、話をし出したら、ちょっと用事を思い出したようにその場所から離れることです。そのようにすると、その話を聞くこともないし、自分から話すこともなくなります。

嫌な人とも割り切って仕事をする

Shake hands人間なので、仕事をしていても『この人とはやりにくい』『嫌だな』と思ってしまうことがありますね。こればかりは性格や相性の問題もあるのでしょうがないことです。その時に一緒に仕事をするのが嫌だからといって、不機嫌になってしまうのは社会人としても避けなければいけません。

嫌な人との仕事については、『自分に与えられた運命』『それも仕事の一つ』と思うようにすると、少しだけ気持ちが楽になります。仕事をしていくには、いろいろな人との協力が必要です。いちいち感情で反応していたら、聞けばスムーズに片づけられる仕事も、大変な思いをしてこなさなければいけなくなってしまうことも出てきます。

そうならないためにも、気持ちを割り切る事です。

仕事と割り切ってしまえば、その嫌と思っていた人が実はそんなに悪い人ではなかったと思うこともあるのです。誤解をしていたと思うことも、案外と多いものです。またちょっと視点をかえると、その人の良い面が見えたりします。

それでもストレスが溜まるようであれば、別の方法でそのストレスを解消するようにしましょう。

仕事では人間関係を重要視する

仕事は、ただ単純に自分の業務を遂行すればいいということではありません。職場の中で、スムーズに仕事を進めて行くには、どんな人とも人間関係をよくすることが重要です。

そのことについて悩んでいる人は、一つでもできることからはじめてみましょう。すると、案外と周りの人の評価が変わってきたりするものです。

そのようにして自分を変えることができれば、それは一生の財産として役立てることができます。


LEAVE A REPLY

*

Return Top