wakus

【Excel】2個目以降のみに”重複”印をつけたい!~エクセル関数「IF」(イフ)+「COUNTIF」(カウントイフ)

2個目以降のみに”重複”印をつけたい!

そんな時に便利なのはエクセル関数「IF」(イフ)+「COUNTIF」(カウントイフ)です。
今回は、資料送付リスト「社名」で重複している部分の2個目以降に印をつけていくよう求めていきます。

=IF(COUNTIF(範囲,検索条件)>1,”真の場合“,”偽の場合“)

「 =IF(COUNTIF($B$5:B5,B5)>1,”重複“,””) 」

ifcountif1

「IF」(イフ)+「COUNTIF」(カウントイフ)の使い方

1.結果を表示させたいセルを選択

E6
ifcountif2

2.「Fx」マークをクリック→「IF」を選択→OK

「Fx」マークをクリック%e9%96%a2%e6%95%b0%e6%8c%bf%e5%85%a5icon

「IF」を選択→OKボタンを押す
ifcountif3

3.「論理式」に「COUNTIF($B$5:B5,B5)>1」と入力

論理式に「 COUNTIF( 」と手入力
ifcountif4赤枠セルをクリック = 「 B5 」
ifcountif2
 : 」を手入力すると自動で「:B5」と表示される
ifcountif3
「 , 」を手入力した後、今一度赤枠「B5」セルをクリック
ifcountif4
「 )>1 」と手入力
ifcountif5検索範囲(最初のB5:の「B5」をドラッグ
ifcountif6
「F4」キーを押して「$」マークで囲い、コピーしても動かないよう固定する
%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89f%ef%bc%94「$B$5」
ifcountif7

4.「真の場合」に「重複」と手入力

真の場合 = 「 重複 」
ifcountif8

5.「偽の場合」に「””」と入力→OKボタンを押す

「””」は、もし当てはまった場合には空欄(非表示)にするという意味です。ifcountif9

6.ドラッグしてコピー

ifcountif10

7.完成!

ifcountif11


LEAVE A REPLY

*

Return Top