wakus

ネットワークエンジニアの仕事の内容とは?

ネットワークエンジニアの仕事内容

%e5%b7%a5%e5%a0%b4インターネットが普及してから久しいのですが、個人はもとより企業でも、ネットワークを活用した事業活動が必要不可欠となっています。

インターネットのおかけで、情報の伝達や収集が非常に容易に行えるようになりました。
本社と支店・工場などをイントラネットで結び、各社員は何時でも何処でも、社内情報にアクセスすることできるようになっています。
社外に出ている時でも、モバイルインターネットを活用して営業活動ができるようになっています。

このようなネットワーク設備を設計して導入、運用、保守を行うためには、ネットワークエンジニアの存在が必要不可欠なのです。

ネットワークエンジニアとは、どんな仕事か?

ネットワークエンジニアの仕事内容は、企業に最適なネットワーク環境を構築し運用を提案していく仕事です。

企業内でも、情報システム部を中心として、ネットワークエンジニアのスタッフが存在します。
しかしながら、ITの動向が非常に速い時代にあっては、社内の専門スタッフだけでは対応できないケースお少なくありません。

特に中小企業ともなると、社内に専門の情報シシテムあるいはITスタッフの人材不足が懸念されています。したがって、SI会社のネットワークエンジニアが、取引企業のネットワーク設計を請け負いサポートすることもあるのです。

ネットワークと一言で言っても、幅広い分野

Group Of Multi-Ethnic People Social Networkingネットワーク通信というと言われている分野は、非常に幅広いジャンルがあります。
私達の身近な所では、Wifiがあります。

いわゆる無線LANのことですが、企業でも通常の有線LANの他に無線LANを導入いるケースが増えています。
バリアフリー的なオフィス環境の中で、フレキシブルな業務遂行を実現させるためには、物理的な制約のある有線ネットワークではなく、無線のシステムが構築されるのです。

とはいうものの、企業の基幹系ネットワークは有線ネットワークが今だ主流となっています。

年々、増加する社内データで回線がパンクしないように、全面的なネットワーク設備の刷新もあります
このような時は、数年後の情報量拡大の伸びを想定したネットワーク帯域を設計して、理想的な回線を選択しながら、設備を導入しなければなりません。

L3、L2スイッチ、各種サーバー等のネットワーク関連機器をどのように配備するのか?

また、社員に貸与する端末の管理も含めて、ネットワークエンジニアが対応しなかればならない範囲は非常に広いのです。
しかも、情報セキュリティにも対応することが重要でウイルスやハッカーに対応できる強固なネットワーク構築も対応できることが大事です。

ネットワークエンジニアになるために

seshisutemネットワーク技術は日々、進化しています。
常に最新技術を勉強しつつ、実際の現場でネットワーク構築のための検討場面で、経験を蓄積していくことが必要です。

外部でもネットワーク関連の資格試験の講座があります。
積極的に参画しながら、資格を取得することも重要ですが、実践的な経験を積んていくことをおすすめします。
そのためには、ITソリューションを手掛ける企業に勤務することが、ネットワークエンジニアになる近道と言えます。


LEAVE A REPLY

*

Return Top