wakus

これだけ押さえればOK!仕事が出来る人が行っているコミュニケーション術

ビジネスシーンのコミュニケーションでは「上司や同僚とどのように接したら良いのだろうと悩んでいる」という意見が多いと言われています。
深刻に悩むとキリがありませんが、気を付けることと言うのは意外とシンプルなのです。
今よりもほんの少し工夫するだけで、人間関係がスムーズに運ぶようになります。

ここでは、会社内でのコミュニケーションに悩む人へ向けて、注意点を交えながら、すぐに出来る3つの解消法を伝授したいと思います。

1.挨拶・返事・報告の基本を徹底的に行う

photo_Glass glowing light bulb and business sketched ideas社会人なら必ず聞いたことのある「挨拶」
これが意外と出来ていない事が多いと言われています。

出勤後に顔を合わせる人には必ず「おはようございます」と挨拶しましょう!
仕事の最中に連絡をする際も「お疲れ様です」と必ず挨拶してから本題に入って下さい。
「部署が違うから」とか、「あまり話さない間柄だから」といって、挨拶しない人もいますが、それは絶対NGです。

上司に任された仕事は、指示された内容を理解したら、すぐに「返事」をすることも大切です。
また、何かトラブルが起きたり、対処できない事に直面したら、自分で抱え込まずに上司に「報告」するのが先決です。

挨拶・返事・報告については、入社して、しばらくの間は実践できていても、慣れてくると忘れがちな行動です。
仕事が出来る人は、これらのごく当たり前の事を毎日欠かさずに行っています。
バリバリ仕事が出来る人ほど、人間関係の基礎であるこれらのコミュニケーションを、普段から意識して行っている傾向があります。
例えプライベートで親しくなっていたとしても、会社内では立場をわきまえて、丁寧で真面目な態度をとるようにしてください。

2.相手の話の要点を掴む

photo_Communication concept - businessman with bubbles instead the head.コミュニケーションの難しいところは、相手の話の中で何が重要なのかを知ることです。

人によってはなかなか結論に至らず、過程ばかりをダラダラと話す人もいます。
そういう時こそ、いくつか質問をして結論を促すようなコミュニケーション術が必要になるのです。

まずは相手の話に相槌を打ちながら「了解しました」と返事することです。
それから、別の話題に変わりそうな瞬間には「本題に戻りますが・・」「弊社としては・・」という言葉を挟むと要点が掴みやすくなります。

仕事が出来る人は、ひと通り話を聞いた後に、伝えたがっている要点だけを押さえて会話を進めます。
集中して聞いているので、感情的な部分や繰り返している言葉を省いて、結論を出すためにどう話せば良いのか心得ているのです。
話の途中で遮ぎったり、早く終わらせようと急かすのではありません。
全て聞いた後に、相手がどうしたいのかを頭の中でイメージしながら会話を進めることが大事です。

3.仕事に関連する情報を多く取り入れる

Business concept - Planning for future events.まだ仕事に慣れていない新入社員に多いのですが、仕事について詳しい知識がないと、コミュニケーションが上手くとれないことがあります。
入社して間もない頃はそれでも許されますが、1年以上経っても同じようでは、上司や得意先からクレームを受けるかもしれません。
少なからず興味があって今の仕事に就いたのですから、その気になれば誰にも負けないくらい勉強ができると思います。
最低でも1年以内には、仕事に関連する情報や知識を身に付ける努力は必要です。
ネットで調べられる程度のことではなく、必要なら書籍を購入したり、より専門知識を高めるために資格を取得するなどの行動を起こしましょう。

仕事が出来る人は、相手から何を質問されてもすぐに返答できる知識と経験を備えています。
自信があるからこそコミュニケーションも上手にとることができるのです。
ですから、忙しくても仕事についての知識を深める時間をもつようにしてください。
自他共に認めるその道のプロになることで、ビジネスマンとしての自信を磨くことになります。

礼儀・傾聴・勉強ができればコミュニケーション上手になる

Audience Listening To Presentation At Conferenceコミュニケーションの取り方について、ありがちな失敗や間違った考え方について指摘しました。
同時に仕事が出来る人の特徴についても触れましたので、何をやるべきか理解して頂けたかと思います。
冒頭で申し上げた通り、コミュニケーションを上手にとるためには、少しだけ工夫してシンプルな方法を実践するだけです。
明日からでもすぐに出来る簡単な方法ですから、今の自分に足りていないと感じたことを補うために、実行して頂ければと思います。


LEAVE A REPLY

*

Return Top