wakus

転職のメリットデメリット~転職する際に必要なこと~

転職するにあたって行わなければいけないこと

A person is drawing a recruitment scheme on the glass screen. A concept of corporate head hunting. Modern panoramic office in New York on the background.転職と一言でいってもいろいろな場合があると思います。中には自分の意思に反して転職をしなければならない場合などありますが、誰にでも起こりうる転職はどうすれば良いのか。まずは自分で就職情報誌やチラシを手に入れ求人情報を探す方法があります。
他にもインターネットや転職フェアなどへの参加することもあります。いずれにしろ自分がこうと決めた条件にあう企業を見つけなければいけません。いろいろな情報が溢れている現在では、その情報の取捨選択も非常に大切だと言えるでしょう。

転職するメリット

転職すると良くなるのは、給料、休日、通勤時間などが上げられるでしょう。これらの条件は転職を決める際の重要な要素になり得ます。
まず給料はより安い仕事を選ぶ人はいないでしょうから、生活が豊かになるでしょう。趣味や習い事などに使えるお金が増えることになります。
また休日は多いほうがやはり良いわけですから身体の疲れが取れるようになるでしょう。しかし給料を優先すると休日が減ることもありますので、とちらを選ぶかはその人次第になります。
また通勤時間ですが、意外と大切なのです。勤務時間は8時間と決まっていても通勤に1時間も2時間も掛かるようであれば、拘束時間が12時間を越えてしまうような場合もあります。
転職をすると自宅から近くなることが多いですが、これも給料や休日を最優先することで遠くなるかもしれません。この3つのファクターは非常に大切なので出来るだけ条件の良いものを選ぶことになりますから、少なくとも1つは改善されることでしょう。
上手く行けば3つとも前職より良い条件で働くことが出来るかもしれません。

転職するデメリット

Facing a wall. Rear view of young man holding briefcase while standing outdoors and against the concrete wall転職するデメリットは今までの仕事で得たスキルや知識を使えなくなることです。
これが一番大きな要素になりますが、例えば前職が営業マンなら、営業の仕事を選べば身に着けたテクニックは活かすことが出来るでしょう。全く営業経験がない人よりも1歩先を行くことが出来るでしょう。事務職ならパソコンのスキルは新しい職場でも活かすことが出来るでしょう。
給料、休日、通勤時間の3つのファクターでどれを優先的に選ぶかでかなり状況は変わってきます。ですから、自分で決めた転職の条件をしっかりと見据えて転職することが必要となります。給料が良く、休日も多く、通勤時間も短くなるのが理想的ですが、1つくらいは目を瞑らなければならないことが多くあるでしょう。妥協点を見つけることが転職をスムーズなものにしてくれるでしょう。
ですから条件をあまりにも前職とかけ離れたようなものにしないことも重要になってきます。そんなに条件の良い仕事はなかなかあるものではありません。

転職する際に必要なこと

Coworkers photo in modern office.Project manager team work new idea.Young business crew working with startup studio.Laptop computer on table,showing presentation.Blurred,film effect.Horizontal.転職する際に必要なことと言えば、前職を円満退社することです。
新しい仕事があるから気にしなくても良いというわけにはいきません。今までお世話になったわけですから、立つ鳥後を濁さずです。
キチンとやりかけの仕事は引継ぎをしておくことが重要です。私も経験がありますが、転職して数ヶ月経ってから、前職の会社から電話で問い合わせがあったことがあります。
その部分においては引継ぎが上手く行っていなかったことが原因として考えられます。こんなことが無いようにしなければなりません。また大切なのは出来るだけ在職中に、次の仕事を探すことです。退職だけしても、自由にはなりますが、金銭的に失業保険だけで生活するのは十分ではないので、貯金を切り崩すことになりかねません。
さらに一身上の都合で退職すると最初の3ヶ月は失業保険を貰うことが出来ません。その後失業保険を貰えるようになってもハローワークに1ヶ月に1度決められた日に行かなければ失業保険を貰うことは出来ないのです。
ですから、大変かもしれませんが、在職中に次の仕事を探すようにしましょう。新しい職場での勤務日などは考慮してくれる場合がかなりありますので、新しい仕事を決めてから退職するのがベストと言えるでしょう。

転職するとどんなことがあるのか

転職するといろいろなことが変わってきます。しかし転職はより良い環境になることが多く、生活しやすくなるでしょう。20代、30代での転職なら元々いる社員との差もあまり大きく開いていることも無いでしょう。頑張り次第で追いつくことも、追い抜くことも出来るでしょう。
人生のうちそんなに回数は多くないと思いますので、転職をすると決めたからには情報をしっかり集め慎重に会社を選ぶことが必要となってくるでしょう。これはどんな企業や職種においても共通して言えることですので十分過ぎるくらい慎重に決めましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top