wakus

ビジネスで必要な力~ビジネスモデルの考え方。

businessmodel

「ビジネスモデル」という言葉、当たり前のようによく聞くと思いますが、きちんと答えられますか?

将来独立をしたいと思っている方や、新規事業を立ち上げようと思っている方はもちろん、ビジネスをやるうえで最初に考える大切なものです。これがしっかりしていないとビジネスが成り立ちません。会社を作ってもすぐにつぶれてしまいます。新規事業を立ち上げても何も成果が出ずにチーム解散となります。

今日はビジネスに携わるすべての人にとって重要な『ビジネスモデル』について紹介します。

 

ビジネスモデルとは、

ビジネスモデルとは、

一言でいうと、「もうけのしくみ」。

会社の儲けだったり、組織の儲けのしくみのことです。

もうけの仕組みですから、構造や設計思想を意味していて、
具体的にどういう業種だとかどんな製品とかではなく、

どのような顧客に対して、
どのような価値を提供して、
どのように顧客とつながり、
どのように顧客からその価値(費用)を回収しているか、

というようなポイントが仕組みになります。

 

ビジネスモデルの4要素

ビジネスモデルは4つの要素で説明ができます。

①顧客価値 ②仕組み

③経営資源 ④課金モデル

①顧客価値・・・顧客にどのような価値を提供するのか。
②仕組み ・・・顧客とどのようにつながるのか。商品をどのように準備し、どのように顧客に届けるのか。
③経営資源・・・活用できる経営資源は何があるのか。ヒト、モノ、カネ。
④課金モデル・・・お金をどのように回収するのか。

この4つの要素で無限のビジネスモデルができます。そして、それが市場ニーズと、「ピタっ」とはまると、儲かるビジネスになるわけです。儲かっている会社のビジネスモデルを是非チェックしてみてください。

 

『QBハウス』のビジネスモデル

Business model word cloud concept

QBハウスのビジネスモデルは、

忙しいビジネスパーソンなど、
時間をかけずに手軽にカットしたい顧客に対して、
安く、早くカットできる場を提供して、
人の流れが多い好立地店舗で、
回転率を高めて利益を出すモデルとなります。

同じ髪を切る場所でも、
1回に1万円以上する美容室とかだと、
まったく違うビジネスモデルになります。

 

さいごに

新規事業を考えるとき、必ずビジネスモデルを考えます。この「仕組み作り」で、会社が儲かるかどうかがほぼ決まります。ビジネスモデルがきちんとできていないと、どんなに頑張ってもなかなか儲かりません。「安くて、品質がいい製品・サービス」が日本にはあふれかえっているからです。需要過多の国ならまだしも、日本のような供給過多の国においては、いいサービス、いい商品というのは当たり前になっています。

自分でビジネスを始めるときはもちろん、自社の将来性を考えるとき、取引先の将来性を見るときにも、ビジネスモデルを見抜く力はビジネスマンとして必要な力です。色々な会社のビジネスモデルを見て、その力を養っていきましょう。

 


LEAVE A REPLY

*

Return Top