wakus

社会人になる前に身につけておきたい簿記スキル

Three pink piggy banks standing on books next to a blackboard with retirement savings message.  Sharp focus on the piggy banks.社会人になると、一つの専門的な知識だけでなく広くたくさんの知識を持っていると仕事がしやすくなります。
その中でも、お金の知識は会社とは切っても切れないものであり、一番大切なものです。簿記というと「会計ソフトの進歩によって使われなくなりつつある資格」と思われがちです。
しかし、簿記は会社のお金の流れを理解するための必要最低限の知識なのです。

今回は、社会人になる前に身につけておきたい簿記スキルについてお話しします。

簿記スキルとは何か

簿記の資格と言えば、日商簿記検定が有名です。
商業高校であれば、学校の授業の一環で取得するでしょう。しかし、普通科高校では簿記の授業はありません。社会に出てから、会社に要求されて取得する人も多いのです。

簿記は、お金の種類から学びます。
会社に入ると、現金だけでなく小切手や手形など日常生活では目にすることのないものも手にすることになります。全く知識がない状態だと、間違った扱いをしてしまい会社に損害を与えることもあるのです。

また、簿記を学ぶと資料をもとに会社の経営状態や保有資産を読み取ることができるようになるのです。
全く知識のない人は、簿記の資格は経理部に配属されない限り不要と思うかもしれません。
しかし、営業であっても取引先の経営状態を把握しておく必要はあります。
取引先の決算書から、さまざまな情報を読み取ることで、よりよい営業活動をすることができるのです。

簿記の資格は、経理部に配属されてからでも遅くはないかもしれません。しかし、簿記の基本を知っておく簿記スキルは、社会人の常識として知っておくべきでしょう。

簿記の級ごとの特徴

簿記試験は、級ごとに出題される内容が異なります。一般的には簿記3級から受験する人が多いようです。
簿記3級は、貸借対照表と損益計算書という会社では日常的に目にする資料を扱います。

学生時代には聞いたこともないような言葉がたくさん出てきますが、社会に出ると「知らないと恥ずかしい基礎知識」が3級には集まっています。
3級は、社会人が知っておくべき基礎知識と思っていいでしょう。経理部を希望するならば、経理スタッフとして働ける程度になります。

簿記2級になると、格段にレベルアップします。ただ単に財務諸表を読み取るだけではなく、さらに資料を分析する力をつけることができます。
会社にとって、資料を分析し将来の予測ができる人材は大変貴重な存在です。将来的に昇進を希望するならば、2級まで取得するといいでしょう。

社会人になる前に3級まで取得しておけば、最低限のお金の流れと経済知識は身につけたことになります。社会人になってから、実務と照らし合わせながら2級を目指すとより効果的でしょう。

急激に難しくなった簿記試験

A businessman in formal clothes is drawing a colourful business charts and icons on the white board. A concept of starting a new business. There are concrete wall and three black ceiling lights.数年前までは、簿記3級は2週間程度の短期講習を受ければ合格することができる資格でした。そのため、社会人になってからでも土日を利用して簿記学校へ通い、3カ月もあれば取得できる資格でした。
しかし簿記試験の試験範囲の改定が行われ、3級の合格率が急激に下がったのです。2級はさらに難しくなり、税理士試験と変わらないのではないかと思うほど難しい資格試験となりました。

簿記2級の範囲には、税や海外取引についての知識も追加されました。時代に合った試験範囲に変化したのです。
以前ならば、簿記資格も簿記スキルも独学で取得することが可能でした。
しかし、最近は独学では難しい知識を勉強しなければなりません。

多少の出費はかかりますが、学生のうちから簿記学校に通い3級を目指す方が効率的に時間とお金を使うことができるでしょう。

必要とされるスキルは、時代によってかわります。これから先、どのようなスキルが求められていくのかを見抜く力も必要でしょう。

どんな時代でも必要とされる簿記スキル

Mann in Bücherei mit lebhafter Fantasie昔のように紙の伝票でお金を管理する時代は終わっています。
現在は、財務ソフトが復旧し簿記の知識がなくても困らない時代になりました。
しかし、財務ソフトは作業をすることはできても分析や予測はできません。まだ人間が頭で分析し、戦略を練らなければならないのです。そして、その土台になるものが簿記なのです。
簿記はいらなくなる知識と言う人もいますが、お金の流れがある限り、どんな時代になっても簿記スキルは社会人にとって必要なスキルと言えるのではないでしょうか。


LEAVE A REPLY

*

Return Top