wakus

ブラインドタッチ基本ポジションと各指の行動範囲

ブラインドタッチ基本ポジション

今回は、ブラインドタッチ基本ポジションについてご紹介します。
例は、ノートパソコンですが、ほとんどデスクトップと主要なボタン配置は変わりませんので、ご安心ください。

知っておきたいボタンのポッチ

パソコンのキーボードをよく見ますと、「F」と「J」の部分に少し盛り上がりがあります。
ここが、基本ポジションです。

●確認してみよう!パソコン「F」と「J」のポッチ

下の写真の「F」と「J」にうっすらと盛り上がりがあるのが確認できますでしょうか。

Laptop Keyboard

●表にしてみると、この「青い台形のマーク」が盛り上がり(ポッチ)です

これからは、この表でご説明していきます。
台形の青いマークが「F」と「J」に書いてありますが、それが先ほどの盛り上がりだと思って下さい。

 keyboard Index finger basic position

左右「人差し指」基本ポジション

●左手「人差し指」のポジション

左手「人差し指」は「F」の上に置きます。

 Left hand "index finger" is placed on the "F".

●右手「人差し指」のポジション

右手「人差し指」は「J」の上に置きます。

 Right "index finger" is placed on a "J".

左右全体配置

●「左手」全体配置

人差し指を基準に横一列に指を置いていきます。

 We will put the finger in a row on the basis of the index finger.

●「右手」全体配置

右手も左手と同様、人差し指を基準に、横に置いていきます。

Right hand as well and left hand, on the basis of the index finger, we will put to the side.

左右それぞれの指の行動範囲を知ろう!

では、次は、それぞれの指の行動範囲を確認していきましょう。

◆左手編

●左手「人差し指」行動範囲

この緑色の枠で囲まれた範囲が人差し指の行動範囲です。

Range which is surrounded by a green frame is the range of activities of the index finger.

●左手「中指」行動範囲

中指は縦一列

 Middle finger is a vertical row

●左手「薬指」行動範囲

薬指も縦一列

Also a vertical row ring finger

●左手「小指」行動範囲

小指も基本縦と横の「シフト」や「Ctrl」も使うこともあります。

 Left "little finger" action range

◆右手編

●右手「人差し指」行動範囲

Right "index finger" action range

●右手「中指」行動範囲

 Right "middle finger" action range

●右手「薬指」行動範囲

Right hand "ring finger" action range

●右手「小指」行動範囲

 Right "little finger" action range

親指の役割はスペース

忘れてはならない親指!この親指は大切な「スペース」を押せるようにしておきます。

 The role of thumb is space

全体の行動範囲の確認

では、全体の行動範囲を確認してみましょう。
赤枠で左右の範囲を分けています。
そして、色分けで指の行動範囲を示しています。
ほとんどこれで全体をカバー出来ていることが確認できると思います。
右の小指の範囲が広いですが、出番は「P」か「エンター」くらいなので、気構え無くて大丈夫ですよ。
重要なのは「人差し指配置」です。

Confirmation of the entire range of activities

早速打ち込んでみよう!

では、さっそく「あ」「い」「う」「え」「お」と打ち込んでみましょう!
図の赤い場所と指の位置にご注目下さい。
打ち終わったら、基本ポジションに戻ります。

●「あ」=「A」

「あ」=「A」

●「い」=「I」

「い」=「I」

●「う」=「U」

「う」=「U」

●「え」=「E」

「え」=「E」

●「お」=「O」

「お」=「O」

打ち込んだらすぐに基本ポジションに戻るを意識しよう!

Trying to conscious Once you return immediately to the basic position dedicated

最後に

今回はブラインドタッチ基本ポジションと行動範囲をご紹介しました。
次回はローマ字一覧を作成いたします。


LEAVE A REPLY

*

Return Top