wakus

企業理念や中期戦略と自分の仕事との関係は?

中期計画や事業計画の全体を知る事は、会社が将来的にどういった方向に向かおうとしているのかや、自分の仕事に何が求められているのかを広い視点で見るために必要な事です。

企業には経営理念があり、それを前提に5年程度の中期計画を立て、さらにそれを年次ごとの事業計画に落とし込み、そこから事業戦略やマーケティング戦略などを構築して活動しています。なので、特に自分が所属している部門やそれに関わることは十分に理解するだけでなく、自分なりに戦略や計画を考えれば自己成長にも繋げられます。

それを積み重ねた結果として、将来的に経営戦略を担う部署に異動になったり、昇進して戦略の計画や立案をしなければいけなくなった場合には、当然ですが事業戦略や計画の構成も知っている必要があります。

その事業戦略や計画の構成とは、具体的にどのようになっていて、自分が今抱えている仕事との関係はどのようになっているのでしょうか?

中期的な視点で企業の計画は立てられている

Close view of businesswoman drawing on screen market infographs多くの企業には企業理念があります。
時代と共に企業は変化していきますが、そんな中でも変えてはいけない企業の存在意義や、企業人としての考え方などを教訓的に記載したものが企業理念です。

中期計画とは、その企業理念を達成し続けるために5年程度の期間で事業の展開方法やビジョンを描き、それを数値でより具体的にしながら計画レベルにまで落とし込んだものです。そのため、計画にはマーケティング戦略や技術戦略や商品戦略と言った個別の戦略が記載される事もあります。

そしてこの中期計画を達成するステップとして、年次ごとの事業計画が立案されます。
これは経営計画でもあるため、販売高や利益率などの売上に関する数値だけでなく、各部門の経費計画までも織り込まれていて、月次ごとにPDCAを回せるようにしているケースが一般的です。

また年次ごとや月次ごとの達成度を検証した結果が、中期計画とあまりにも大きく異なってしまった場合などには、計画が修正されることもあります。

経営企画部門を中心に、各部門ごとの計画がまとめられる

中期計画や事業計画の全体像は、経営企画部門が作成しているのが一般的です。

中期計画はトップの考えや経営会議で決められた方向性をもとに、経営していくうえで必要な数値を割り出してガイドラインが作成され、各事業部や各部門に示されます。

それを受けて、例えばマーケティング部門ならマーケティング戦略、営業部門なら販売戦略、技術開発部門なら技術戦略等を議論し、各事業部や各部門の中で達成していくための計画を立案し、ガイドラインに合致するまで経営企画部門と何度もやり取りしていきます。
もちろん、各部門ごとの戦略は関連部門とも相互に影響するため、立案する戦略に関連部門を入れて議論し、ベクトル合せと修正を行うのが一般的です。

そのようにして各部門ごとの事業計画が立案されたものがまとめられ、全体修正を経て全社の計画が立案されるのです。

戦略や計画は把握しておく癖を付けておく

当然のことですが、企業の中期計画や事業計画と自分の所属する部や課の計画は連動しています。
そのため、全社の計画を達成するには自分の所属する部や課の計画を達成する事が必要であり、その計画と自分の仕事が結びついている事を強く認識して、日々の仕事に取り組んでいく事が重要です。

また、会社全体や部門ごとの戦略や計画を知っていれば、やがて自分がそうした部門戦略や部門計画を立案する立場になったときにも役立ちますし、仕事のモチベーションを高めることにも繋がりますので、早い段階からしっかりと把握する癖を付けておく事をお勧めします。

事業戦略や中期計画・事業計画は各人の仕事と繋がっています

Construction of a new and collaborative team経営理念、中長期ビジョン、事業戦略、部門戦略、そして中期計画や事業計画が、どの様な位置付けであるのか、またどの様に関連しているものかを説明してきました。

様々な計画は、自分の日々の仕事と密接に繋がっています。なので、戦略や計画を見ながら「自分ならこう考える」などと、自分の案を考えたり上司に進言したりする事も自分自身の成長に大いに役立つものです。

事業戦略や中期計画・事業計画は偉い人が机上の空論として考えたものではなく、あなたの仕事と繋がっているということを覚えておきましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top