wakus

リーダーシップの身につけ方~様々な意味を持つリーダーシップ~

リーダーシップの身につけ方は?

医療専門職として働き始めてから10年になる30代男性です。
以前の職場では2年間程チームリーダーと呼ばれる他の業界と同じチームのまとめ役のような経験もありました。
チームリーダーとは、どのようにあるべきかに悩みビジネス書を読み実践してはみましたが試行錯誤が多く、果たしてそれで良いのかと言う疑問は解けないままでした。
今回は、まだまだ勉強中の身の私がリーダーシップの効率の良いと考えた学び方について実践中のお話をさせていただきます。

様々な意味を持つリーダーシップ

Global Strategy Connection Data Virtual Icon Innovation Graph Interface.Startup Diversity Teamwork Brainstorming Meeting Concept.Business People Coworkers Sharing Worldwide Economy Laptop Touchscreenリーダーシップを磨くとひと言で言っても、いったい何の技術と経験を積むのか実に曖昧な表現ではないでしょうか?
そんな私もリーダーシップの勉強中の身です。
リーダーシップの用語はビジネス書によって扱いは異なりますが、経営や組織運営を意味するマネジメントとは別に説明される事が多くあります。
概ね一致しているのは次のような内容ではないでしょうか?

⑴組織内の最小のチームの運営
⑵チームの人と人とをつなぐコミュニケーション
⑶後輩や部下への指導

組織内の最小チームは大規模な組織では主任やチームリーダー、中小規模では課長が率いる3〜10名のチームになります。
そして最小チームをいかに効率良く動かして目標を達成するかがリーダーの能力、つまりリーダーシップとなります。
そのために必要な事はチーム内の取り決めごとの整理、チーム内の人と人とをつなぐコミュニケーションと、後輩や部下に対する指導育成能力が必須と言って良いでしょう。

なぜ私が若手管理職からいち平社員となりリーダーシップを学ぶの

Retro image of a businessman walking his fingers up wooden steps mounted in rustic wooden boards towards light in a conceptual image of personal development, growth and success.そんなリーダーシップを勉強中の私は実は中小規模の組織内のチームリーダーをしていました。
私の場合は医療業界ですので、最も必要な能力はチーム内の人と人とをつなぐコミュニケーションになります。
勤務先には同年代の社員が多く、経験の豊富な方のやり方を学ぶ機会には恵まれませんでした。
チームリーダーを務めていく内に「はたしてこのまま上に上がっていって良いものだろうか?」と日々自問自答していました。
医療業界も勤務先の医療機関によりますが、経験年数、在職年数いずれかによる年功序列での出世が多い業界です。
当時の勤務先も専門職としての経験年数による出世の体制でした。
それまでの役職の方やリーダーの方にも、チームのメンバーに信頼されるリーダーシップを持った方はおりましたが、残念ながらそうではないリーダーも多く目にしました。
そして、同業の専門職で経験豊富、人望も優れた事で知られる方の元でリーダーシップとは何なのかを学ぶ事にしました。

私の学ぶリーダーシップの学び方

私がいち平社員に戻ってでも学んでおきたかったリーダーシップが先ほどの3つになります。

⑴組織内の最小のチームの運営
⑵チームの人と人とをつなぐコミュニケーション
⑶後輩や部下への指導

組織内の最小チームはチームの運営、私の専門職では収益の上限は法律で定められています。
そのためにチームには時間、配置、業務内容の『効率』を上げいかに業務時間内で上限の収益を上げれるかが求められます。
もちろん、『業務の質』も高いものにしなければなりません。
単純に収益を上限にする事は簡単で、多くの時間を使い残業すれば良いわけですが、どの業界も残業には厳しい情勢となり、今後の日本人の働き方も長時間労働は好ましくありません。
そして業務の『効率』を上げつつ『業務の質』を高めるためにはのチームの人と人とをつなぐコミュニケーションをリーダーが担う事が重要です。
そして、新入社員や若手の後輩の『効率』『業務の質』を高めるための指導も重要です。
どちらも人を相手にしており、ビジネス書を読んで実践を繰り返すだけでは時間と周りへの負担も多くかかります。
ここはビジネス書の方法を実在の優れたリーダーに照らし合わせて、技術を学んでいく方法が最も効率が良いと考え、現在勉強の真っ最中です。

今後必要になってくるリーダーシップ

Successful team leader (manager, CEO, market leader) and another business leading concepts. Standing out from the crowd.ひと言でリーダーシップと言っても聞こえは良いですが、何を学んで実践すれば良いのかを私たちが悩むところです。
私の場合には次の3点が重要なリーダーシップの能力になります。
⑴組織内の最小のチームの運営
⑵チームの人と人とをつなぐコミュニケーション
⑶後輩や部下への指導
これらはあくまで私の働く業界の場合ですが、特に人と人とをつなぐコミュニケーションと後輩や部下への指導の能力はどの業界にも必要とされる能力ではないでしょうか。
ビジネス書の実践だけでは自分の時間も多くかかりますし、試行錯誤の間チームのメンバーの負担にもなります。
先人の知恵だけでは時代に合わないものもあるでしょう。
そこで、ビジネス書の内容と優れたリーダーの行動を重ね合わせて『見て経験する』事が効率良くリーダーシップを学ぶ方法ではないでしょうか。


LEAVE A REPLY

*

Return Top