wakus

1年の計は元旦にあり!2018年にあるイベントとトレンドを押さえておこう

明けましておめでとうございます。

2018年がついにスタートしました。

去年を振り返って良い年だったと感じる人、悪い年だったと感じる人、それぞれだと思います。

今回は「1年の計は元旦にあり!」ということで今年発生する主なイベントやトレンド、景気動向に関してご紹介していきたいと思います。

あなたのビジネスにも活かせられる情報があると思います。

2018年ににある主なイベント

Months and dates shown on a calendar whilst turning the pages

1月 サッカー天皇杯決勝 横浜Fマリノスvsセレッソ大阪

   NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」放映開始予定

   DMM.com DMM Bitcoinでの取引サービス開始

   東京オートサロン開催

2月 東京都知事選

   平昌オリンピック開催

3月 平昌パラリンピック開催

   ロシア大統領選挙

   JR東海「春のダイヤ改正」

   ゆうぱっく平均12%値上げ

   MLBの開幕戦が日本で開催予定

4月 東京ディズニーリゾート開業35周年

   ANAが国内線の機内WiFi無料化

5月 ずっとドコモ割に改定(ずっとドコモ割とdポイントを連動)

   EUで「GDPR(一般データ保護規則)」施行

   VR開発者イベント「VRDC Asia」が上海で開催

6月 FIFAワールド杯ロシア大会開催

   民泊新法施行

   ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー公開予定

7月 ラグビーW杯(サンフランシスコ)開催

8月 第100回全国高等学校野球選手権(甲子園)開催

   アジア大会がインドネシア・ジャカルタで開催

9月 安室奈美恵さん引退

10月 豊洲市場開場

   F1日本グランプリ 鈴鹿サーキットで開催予定

11月 眞子さま挙式

12月 劇場版ドラゴンボール公開予定

   BS・CS放送で4K・8K実用放送開始予定

今年は何と言っても冬季オリンピックとロシアワールドカップが大きなイベントではないでしょうか。

日本中を熱狂させるアスリートたちの戦いにまた眠れない日々を過ごされる方も増えそうですね。

2018年の主なトレンド

Close view of businesswoman drawing on screen market infographs

1.格安スマホ

2.高齢ドライバーの事故防止策

3.宅配ボックス

4.ドローン

5.電気自動車

6.自動運転システム搭載車

7.VR(仮想現実)

8.無人レジ

9.フリマアプリ

10.USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

11.インスタ映え

12.加熱式たばこ

13.Iot(Internet of Things)

14.スマートフォンでの動画生配信

14.見守りサービス

14.民泊

17.時短家電

18.豪華列車、バスの旅

18.無人宅配

20.シェアサービス

21.燃料電池自動車

21.音声アシスタント

21.感情AI

24.リアルタイム翻訳機

24.仮想通貨

26.副業

27.携帯機としても使える家庭用ゲーム機

27.クラウドファンデング

30.家庭用VRゲーム機

30.家事代行

~博報堂総合研究所調べ、生活者が選ぶ「2018年ヒット予想」より~

キーワードは【ひとり助け】なのだそうで、格安スマホをお金の面でこれまでの携帯キャリアに比べると安いので家計を助けますし、宅配ボックスは単身者や共働き世帯で夜まで仕事をしている家庭の場合、なかなか受け取るのも一苦労なので無駄な時間を削減出来るという点で時間の節約を助けてくれます。

ちなみにこの結果は10月27日に発表されたものなので現在の感覚値とは若干違うと思われるかも知れません。

21位の音声アシスタントはスマートスピーカー(AIスピーカー)のことだと思いますが、今年さらに参入企業が増え(例えばドコモやKDDIやソフトバンクや楽天など)ブレイクするのではないかと思いますがどうでしょう。

いずれにしてもこのランキングにあるトレンドが実生活でもっと浸透したらさらに便利な世の中になるのは間違いないですね。

景気動向は?

今年は戌(いぬ)年です。「戌(いぬ)は笑い」と相場格言では言われており日経平均株価の勝率は4勝1敗です。※日経平均株価の算出が始まってからのカウントとなります。

また平均騰落(とうらく)率は9.1%です。平均騰落率とは簡単に言うと購入した時の価格から平均してどれくらい騰がったのか、または下がったのかという指標です。

今年も景気は日本も海外も堅調に推移していきそうです。ロケットや核問題、国際紛争などなければ安泰な1年と言えそうですね。

いかがでしたでしょうか。

2018年に起きるイベントやトレンドを把握することで、あなたの仕事に活かせられそうな情報はあったのではないでしょうか。

皆様にとって良い1年になれば幸いです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top